HISTORY

1950
ADOLFO DOMINGUEZ誕生
彼はオレンセの街トライブで生まれました。彼は衣服に囲まれて育ち、ビートルズと論争の時代の68年パリで映像とアートを学びました。

 

1976
ADOLFO DOMINGUEZ
それは日本人デザイナーの影響を受けたスペインファッションであった。彼の示したものは熱と自由。彼のスタイルの真実、それはスペインの詩人ホアン・ラモン・ヒメネス(1956年ノーベル文学賞を受賞した近代詩の巨人)の提唱する忘れられないコトバ“巨大な少数派”

 

 

First campaign images

 

 

1984
しわは美しい
詩によって表現されるシンプルなラインというブランドのフィロソフィーにより、アドルフォ・ドミンゲスにレディースのラインが加わりました。この時、スペインのファッションで永遠に残るスローガンが生じます: “しわは美しい” 衣服は私たちの第二の肌であるという意思を表明する、アドルフォ・ドミンゲスのナチュラルなテイストを語る歴史的なスローガン。

 

 

1984
マイアミ・バイス
この時代、探偵は依然としてクラッシックなトレンチコートや帽子を被っているものでした。しかしアドルフォ・ドミンゲスが“マイアミ・バイス”というアメリカのシリーズのオファーを受けた際に提案したのはリネンのスーツにTシャツというスタイルでした。

 

 

1985
VOGUE MEN
スペインのクリエーターのデザインは国際的に最も知られた出版物に登場し始めます。1980年代、VOGUE MENはアドルフォ・ドミンゲスを現代最も重要なヨーロピアンデザイナーであると位置づけています。

 

 

1989
ペネロペ・クルス
1989年の秋冬コレクションでは女優ペネロペ・クルスがキャンペーンイメージを飾りました。

 

詩とのシンプルさの勝利

 

 

1990
フレッシュウォーター:最初のフレグランス
香りは記憶を引き起こします。香りの記憶は永遠に残ります。1990年にアドルフォ・ドミンゲスは、プイグとのコラボレーションにより彼の最初の香水を立ち上げました。彼はスペインで初めて彼の名前を冠した香水を販売したデザイナーとなりました。

 

 

1992
海外進出
1990年代には、他の文化や、アイデアや価値観の交流を行える国を探索が検討され始めました。成長:わずか10年で、3つの大陸、ベルギー、メキシコ、イギリス、日本、アルゼンチンに出店しました。今日では世界中に500以上の店舗があります。

 

 

1993
バービー
バービー、ファッションの世界で前衛的なアイコンは、世界で最高のデザイナーたちによって服をデザインされています。
バービー人形の誕生から35年の誕生日に、アドルフォ・ドミンゲスは彼女のために特別なデザインを作りました。

 

 

1995
フレッシュローズウォーター
象徴的な香水が生まれます。サンダルウッド、モス、ムスクを背景にローズペラル、ムゲテ、ジャスミン。フレッシュローズウォーターはスペインで最も売れた香水の一つとして記憶されます。

 

 

1997
Adolfo Dominguez IPO
3月18日アドルフォ・ドミンゲスはスペインの株式市場に上場しました。それはスペインにおいて一般公開をした最初のファッションブランドとなりました。同年、デザイナーはスペイン文化省から最も権威のある賞の一つを授与されます。

 

 

 

2000
U by Adolfo Dominguez
ラインUを発表。
Uは芸術への情熱であり、ファッションに応用される哲学である。
ファッションを通じて世界を発見する創造的なコレクション。

 

 

2004
空をまとって
スペインの主要航空会社イベリア航空の10,000人以上の従業員は、アドルフォ・ドミンゲスによるユニフォームを着ています。デザイナーのシックでエレガントかつ機能的なスタイルは、イベリア航空の精神にぴったり合っています。

 

 

2005
ハンドクラフトのソウルなジュエリー
アドルフォ・ドミンゲスは、スペインのデザイナーの自然に対する愛情を基にした新しいシェイプや素材をジュエリーコレクションに投影しています。

 

 

2007
環境へのリスペクト
“私たちは大地の子供なのであり、その所有者ではありません“このモットーの下でアドルフォ・ドミンゲスは気候プロジェクトに参加し、環境を尊重する慣行に取り組んでいます。

 

 

2009
キャットウォークのマジック
ギリシャをテーマにしたコレクションを率いて復帰した“シベレスファッションショー”は、アドルフォドミンゲスの作品を賞賛したアメリカの女優グウィネス・パルトロウによって後援されています。

 

 

 

Carmen Kaas opens Adolfo Dominguez’s parade on the Cibeles catwalk

 

 

2010
絶滅の動物
消滅の危険にさらされている4匹の動物に触発されたジュエリーコレクション:クジラ、キウイ鳥、オオヤマネコ、アルマジロ。
ティシィアナ・ドミンゲスはWWF ”World Wide Fund for Nature(世界自然保護基金)“のためにコレクションを製作し、売上はこの協会に寄付されました。

 

 

セラーノ5番:旗艦店
マドリードのセラーノ通りに堂々とした建物は、アドルフォドミンゲスの本質を反映する場所として選択されています。ナチュラルなイメージとコンテンポラリーが融合し、会社のショールームであり、ベジタリアン料理に特化したコーヒーラウンジを展開するスペースでもあります。

 

 

 

2011
ティシアナ・ドミンゲス、シベレスコレクションデビュー
ティシアナ・ドミンゲスがシベレスキャットウォークコレクションをデザインしました。ペインターとしての側面も持つ彼女のキャンバスにインスパイアされた洗練された現代女性のコレクションとなりました。コレクションのキーは、1970年代を再構築し、後にADリミテッドエディションの一部ともなるシルクのドレスでした。

 

 

 

2013
ホワイトローズフレッシュウォーター
象徴的なフレグランスである”バラのフレッシュウォーター”は、透明感のある新鮮な白いバラの花びら、シクラメそしてジャスミンによるハーモニーを紡ぎだし新しい香水となりました

 

 

2015
未来を見据えて
アドルフォ・ドミンゲスはデジタル・リアリティへの拡大を続けています。常に顧客の買い物体験を向上させ、オムニチャネル環境での購入を促進していきます。